Pintoo H1745 Stanley Alice in Wonderland The Hatter 1000 Piece Plastic Puzzle

40766211

Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle

Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle

-PuzzleThe

-Puzzle

PieceAliceStanleyThe-Plastic-【カテゴリー】おもちゃ:パズル【商品名】Pintoo-Plastic

Wonderland-10001000-WonderlandH1745-Stanley【商品名】Pintoo-H1745【カテゴリー】おもちゃ:パズル【商品説明】inHatterin-Hatter

Piece

Alice Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle :110410729:ワールドインポートショップ オンラインショッピング Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle ワールドインポートショップ
Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle :110410729:ワールドインポートショップ オンラインショッピング Pintoo - H1745 - Stanley - Alice in Wonderland - The Hatter - 1000 Piece Plastic Puzzle ワールドインポートショップ

CLOSE

発表された市販車のパワートレーンは 2.0リッター直列4気筒i-VTECターボエンジン 最高出力 320ps 最大トルク 40.7kgf.m 。FF駆動方式 6速マニュアルトランスミッション。

海外メディアは次期新型タイプRは2シーター(確定していない)を予想しているので車両重量は1200kg前後が期待出来る。

車両サイズはロードクリアランスが20mm下げられ125mm→105mm。全長130mm拡大→4520mm、全幅20mm拡大→1900mm。

2016年10月開催のパリモーターショーで披露された「シビック タイプR コンセプト」。 日本ではカタログモデルとして販売 される予定。

センター3本出しマフラーフィニッシャーもセンターのフィニッシャーだけ赤い。

前置きインタークーラーから上置きインタークーラーを採用。最高出力は320psとも350psとも噂されている。

ブレーキユニットはブレンボ製でフロントキャリパーは4ポット対向&ドリルドディスクローターが採用されている。

20インチのアルミホイールを装着。

2015発売モデルタイプR(FC)情報

2015年10月に750台限定発売された「 3DパズルPUZZLE 3D DINOSAUR GLOW IN DARK 4ASST STYLES GOV LOGO BLISTER CD, Case Pack of 48US輸入品 パズル3D立体大人気品薄お早めに
 (FK型)」ヨーロッパ仕様ベースのハッチバックスモデルに予約注文が殺到した事を受け、ホンダは次の「シビックタイプRセダン」(10代目FC型 北米仕様ベース)を限定販売計画をしているとの事。発売時期は未定ですが北米デビューした後、日本でも限定発売されます。

開発中のタイプRは 上置きインタークーラー だ。FK型タイプRは前置きインタークーラーだったのが次期新型タイプRはエンジンフードにエアインテークが見える為、インタークーラーはエンジンの上に設置される可能性もある。

こちらが先に発売されたヨーロッパ仕様のFK型タイプRです。リヤの大型スポイラーは同じですがフロントのエアロパーツにヘッドライトユニットは北米Acuraに取り入れられているリフレクター式の様なヘッドライトユニットとなる。

パワートレーンは現行FB20型と同じ、新開発された2.0リッター直列4気筒ターボエンジン(K20C)、最高出力310ps/6500回転、最大トルク40.8kgf.m/2500-4500回転、駆動方式はFF、トランスミッションは6MTのみの設定となる予定。

プロトタイプなので市販車ではハッチバックモデルと余り変わりないデザインとなるのかもしれないのですが、一応リヤ側の予想エクステリア。マフラーがセンター出しのトリプルフィニッシャーとなる。四本出しよりもコストは掛からない。

2列目のシートもセダンタイプなので実用性は高く、比較するのは間違ってますが比較的入手しやすい2.0リッタースポーツカーであるトヨタ86その姉妹車であるスバルBRZのクーペと比較すると十二分な実用性も持つ室内レイアウトを持ちます。

女性だけの自転車軍団、チームエレファントのメンバーです

 チームのまとめ役で「部長」と呼ばれる西村益美は、「このコースが大好きで、荒川沿いに引っ越しました。週末は必ず走っています」とのこと。

 そういえばサプライズゲストの新城も、「荒川はボクの練習コースです。ここでウォーミングアップしながら上流に向かい、埼玉の丘陵地で負荷の高いトレーニングをしています」と話していた。しかも、「沖縄の石垣島にいたころは『荒サイ』っていう略語の響きに憧れた。今やホームタウンとして走れるのだからうれしい」とも言う。

 この日のチームエレファントのいでたちは、自転車専門メーカーのサイクリングウエアでキメた。ジャージはカスタムオーダーで、昨年までの乙女系デザインからガラッと大人っぽくなった。これにスパッツとサイクリングスカートを組み合わせて着用。UVカット機能を備えるアームカバー(オヤジのアームウォーマーとは違うのだ)で初秋の紫外線をシャットアウトした。夏用のロングフィンガーグローブも指先が日焼けしないため。乗り慣れているオネエさん方はさすが。


いざスタート。初秋のリバーサイドで1,800人が汗を流した

 いざスタート。目指すのは最長距離となる40キロ先の折り返し地点だ。往路は北風がかなり強く、思うようにペースが上がらない。

「みどりん、前を引いて~ん」。

 集団をコントロールするのは北川アネゴ。セクシー系な声色ながら、きっぱりと命令口調。

 沿道を見渡せば、長距離サイクリングに初チャレンジする親子ペアがいて、さわやかなサイクリングデートを楽しむカップルもいる。こうした参加者と気軽に声をかけ合ったりしているうちに、あっという間に40キロ地点に到着。

 「自転車を始めたときは80キロなんて想像できない世界でした。でも走っていくうちに、もっと楽に、もっと楽しく走れるようになるにはどうしたらいいんだろうと、機材に興味を持つようになったり、効率的なポジションやペダリングを意識するようになったり。気がついたら自転車のとりこになっていましたね」(北川)

 来季はさらに自転車ライフを楽しもうと、新車を購入する予定。右京の無二の親友であるインターマックスの今中大介が取り扱う「クォータ」をオーダーしている。マシンの軽さや走行性能もさることながら、「ホワイトベースに淡いパープル」とカラーデザインにもこだわるのが女性っぽい。

 楽しいだけでもしっかりとフィットネスできる。そんな自転車の魅力をたくさんの女性に知ってほしいというのが、チームエレファントの活動の目的。自転車と巡り会えたことで、健康的な美しさを備えた女性がいっぱいになってほしいというメッセージが込められていた。

東馬 TOHMA レセ(RESE センターテーブル 50536370 古い小屋の壁のような、味のあるデザインが新鮮なテーブル


これね、恐らく、浜崎あゆみさんの2002年の春くらいの埼玉スーパーアリーナのライブの時にレポを書こうとした時のモノだと思う。

たぶん、このLIVEにはにしけつも参加しているはずなので、上のメモ書きみてにしけつはわかってくれると思うけど・・・。

で、何で、こんなものをいまさら出したか。

俺、長渕剛桜島オールナイトコンサートのレポとか、内容は別にして☆ROCKERS☆にUPしているけど、レポを書くとね、たまに、

とか、LIVEで印象に残ったシーンを単語で切り取ると同時に、何かと絡めさせて記憶するようにしておく。

そして家についたら、その記憶を単語で、全部、PCに書き出して、後は、それに主語や述語や修飾語なんかを付けて文章として線に繋いでいくだけ。


図式にすると、ファンのほとんどが、「私対あゆ」みたいな感覚でライブに参加しているのかなと。

だから、連帯が生まれにくく、ツーッと涙を流したり、立ち尽くしたりする子が多いのかななんて思ってみてたのを覚えています。

長渕さんや矢沢さんなんかのライブだと、特に、俺は観客からパワーを貰う部分が大きいし、誰かしら新しいメンバーを連れていくから、「俺が、この人を感動させなきゃいけない」みたいな使命感にも少し駆られて、その感動の共有とか、連帯っていう部分を作るために、腹から声を出して盛り上げていくっていう感じだったから、同じカリスマでも色んなコミュニケーションというか伝わり方があるんだなと思って新鮮な感覚でしたね。

なんかレポちっくになってしまったけれど、こんな感じで、単語をもとにライブのことを思い出し、本当は悪いんだろうけど、かなり主観を入れて(笑)、レポを書いているわけです。

ちなみに「三階が忘れられた」というのは、あゆがオーディエンスをアジテートする時に、「1階の皆~!」とか順番に言っていってね、三階席の観客が忘れられてたっていう話。

また長くなっちゃった・・・。

最近の記事